泊まれる本屋?!「BOOK AND BED心斎橋」に行ってきた!

読書好きの人なら一度は夢見る「本に囲まれながら寝たい」という願望。

実はそんな願いを叶えてくれる場所が心斎橋にあるんです!
「BOOK AND BED TOKYO」という宿泊施設とカフェが一体型になったおしゃれな空間。

宿泊での利用も日中のみの利用も可能な、空き時間につい立ち寄りたくなるような場所です。

今回は「BOOK AND BED TOKYO」の心斎橋店についてご紹介していきます!

「BOOK AND BED TOKYO」ってどんなところ?


「BOOK AND BED TOKYO」とは、泊まれる本屋がコンセプトのホテルです。
最大4000冊収納できる客室を兼ね備えた大きな本棚がシンボルで、自分の好きな本に没頭し、お気に入りの本に出会い、本を読みながら寝落ちできる夢のような場所です。

他のホテルではなかなか体験できない「BOOK AND BED TOKYO」だからこその体験ができるのが魅力的。

宿泊だけでなく、日中のみの利用も可能。
ベッドでお昼寝ができたり、ラウンジでゆっくりくつろげます。
まるでカジュアルな図書館のよう。

カフェが併設しているので、美味しいコーヒーやケーキも楽しめます。
本好きにはたまらない場所ですね。

扉を開けると広がる別世界

心斎橋の一角にあるビルの3階に広がる別世界。
店舗によって雰囲気は異なりますが、心斎橋店は白を基調としたおしゃれな雰囲気です。

天井からぶら下がる漫画の原稿がとてもユニークで、味を出しています。
この一つ一つの本棚がソファになっているので、本棚に座ったり寝転びながら読書が可能。

子供の頃なら絶対に親に怒られていたようなことができるドキドキ感を楽しめます。

店内はとても静かで、みんなそれぞれの読書に夢中。
ゆったりと落ち着く空間です。

こんな風に、マットが敷いてあるところには自由に寝転ぶことができます。
休みの日に家でゴロゴロするのは何だかもったいない気分になりますが、ここにきてゴロゴロするのは何だか良いい休日を過ごせている気分にもなりますよね。

カーテンが閉まっている場所がドミトリーになっていて、宿泊が可能です。
夜通し自分の好きな本に没頭して、朝方眠りにつくなんてこともできちゃうんです。

まさに夢のような空間ですよね!

本のラインナップが素敵すぎる!

私が実際に「BOOK AND BED TOKYO」に宿泊して1番感動したところは、本のラインナップが素晴らしいところです。

小説から旅行記、お料理本、雑誌まで勢揃い。
(漫画はあまり見かけませんでした、、。)

幅広い年代に好まれる本が勢揃いです。
中でも、旅行本が多くあったイメージで、やはり旅好きに好かれる場所なのかなと感じました。

雑誌も多くあるので、読書に疲れた際の一休みにも最適。
一晩だけでは読み切れないぐらい気になる本がたくさんあったので、今度は昼間からゆっくり利用したいなと思います。

ドミトリーに宿泊する際は耳栓のご準備を!

https://bookandbedtokyo.com/ja/

気になるドミトリーの中はこんな感じになっています。
1人で眠るのには十分な広さ。

普段ドミトリにーに慣れている人にはなんてことのない普通のドミトリーですが、ドミトリーに泊まるのが初めてという人には少し狭く感じてしまうかもしれません。

また、普通のドミトリーと唯一違う点が、夜中にも起きている人がいるかもしれないというところ。
通常ドミトリーとは寝るための場所ですが、ここでは夜通しの読書が可能なので人の気配を感じることも。

本棚もあるので物音が気になるという人もいるかもしれません。
耳栓を持っているなら準備しておくといいでしょう。

また、無料アメニティで耳栓も用意されているので、必要な人は利用してみてください。
快適な眠りを求めている人にはあまりおすすめできません。

しかし、他のドミトリーのホテルよりもしっかりとした個室の感じがあり、私は問題なく泊まることができました。
足元にカーテンがあるので外の光もあまり気になりません。

それでも心配だという人は、2人まで使用可能の個室タイプのお部屋もあるので、そちらをチェックしてみてください!

カフェスペースもとってもおしゃれ

心斎橋店に併設されているこちらのカフェスペース。
読書ラウンジと同じく白が基調のコンクリート調の空間でとてもおしゃれ。


真っ黒なパンでサンドされたフルーツサンド。
「BOOK AND BED TOKYO」の人気メニューです。

カフェが目当てで来店する人も多くいるほどメニューはどれもおしゃれで、他の店ではなかなか見かけない独特のメニューがたくさんあります。

こちらも珍しいブラックレモネード。
どんな味がするのか気になる方はぜひ頼んでみてくださいね。

オリジナルグッズも思わず欲しくなるかわいさ!

実際に使用されているキータグがグッズで販売されています。
「HAVE A BOOK DAY」がポイントのとても可愛いキータグ。

思わず欲しくなってしまいますよね。

今はもう完売してしまったようですが、私はオリジナルバッグを購入してずっと使っていました。
他の人となかなか被ることがないので、とてもお気に入りです。

訪れた記念にぜひオリジナルグッズもチェックしてみてくださいね。

アクセスをご紹介

店名BOOK AND BED TOKYO心斎橋
住所〒542-0083 大阪府大阪市中央区東心斎橋1丁目19−11 ウナギダニスクエア 3階
電話番号0649633701
アクセス心斎橋駅から徒歩約5分
営業時間11:00〜20:00(カフェ利用)
定休日なし
予算1000円〜
クレジットカード可能
公式HPhttps://bookandbedtokyo.com/rest/ja/

本好きにはたまらない!デートにもおすすめスポット♡

「BOOK AND BED TOKYO」はデイユースの日中のみの利用もできるので、デートでの利用もおすすめ!
1時間から利用可能なので、気軽に利用できるのが嬉しいですよね。

カフェにはご飯のメニューもあるので、一日中滞在も可能!

また、心斎橋店意外にも、京都、新宿、池袋にもあるのでぜひチェックしてみてください。

素敵な空間で素敵な時間を過ごしてみてはいかが?

The following two tabs change content below.

Rika

大阪生まれ大阪育ちの生粋の大阪人。 食事や遊びなど大阪の魅力を幅広くお伝えしていきます!
  • コメント: 0

関連記事

  1. なみ一

    【裏なんば】手打ちそば「なみ一」で絶品おそばを頂きました。

  2. 難波 焼肉

    【絶品&満腹!】なんば周辺で美味しいと評判の焼肉屋5店舗をご紹介!

  3. なんば おススメラーメン6選

    ラーメン激戦区【難波】で人気のラーメン屋さん6選!

  4. 都会に現れたビーチ?!砂浜バーでバカンス気分を味わってみた

  5. 梁亜楼

    【裏なんば】シンガポール料理の梁亜楼で絶品料理を頂く!

  6. 長堀橋 コスパ最強でボリューム大の本格中華「鴻翔」

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA