心斎橋『wad omotenashi cafe』で日本茶とうつわを楽しむ

心斎橋にある現代陶芸作家のギャラリースペース「wad」に併設された『wad omotenashi cafe(ワド オモテナシ カフェ)』は、茶道の精神を現代的にアレンジした日本茶とうつわを楽しめるカフェ。

ビルの2階にひっそりとあるカフェなので、知る人ぞ知るお店!・・・にもかかわらず週末はいつも満席の人気店です。

お茶室を感じさせるような、無駄なものが何一つない『wad omotenashi cafe』空間はとても落ち着きます。特にあたたかい光が入る窓ぎわ席は、縁側でひなたぼっこしているような居心地の良さで、私も何度も通っている大好きなお店のひとつです。

今回は、ステキなうつわで日本茶を楽しむ『wad omotenashi cafe』をご紹介します♪

ナチュラルで居心地いい店内

心斎橋駅から徒歩7分くらいのビルの2階にある『wad omotenashi cafe』。ここにカフェがあるって知らなかったら、通り過ぎてしまいそう!お店の入り口につながる階段付近にいくつか看板が出ていますので、目印にしてくださいね。

お店の入り口

店名の “wad=和道” には「日本の良きモノ」へのこだわりが込められています。うつわや日本茶もそのひとつ。現代風にアレンジされた茶道の精神の“おもてなし”空間で、気軽にお茶を楽しむことができます。

窓に囲まれて光がたっぷり差し込む店内には、盆栽や季節のお花が飾られていてお茶室のような雰囲気も感じます。

飾られているお花

私のおすすめはあたたかい光がが差し込んでくる窓ぎわのお席。縁側でひなたぼっこしてるみたいで落ち着きます。

お店の様子

日本茶はホットでもアイスでも○

『wad omotenashi cafe』では、茶釜で沸かしたお湯で丁寧にいれたお茶を楽しむことができます。茶釜の鉄分がお湯に溶けだすことでより風味が引き立つのだそうです。

メニューの一部をご紹介

メニュー表
  • お抹茶 800円:自分で選んだお抹茶碗に入れてもらえます。
  • かぶせ煎茶(ごごう/おくみどり) 1,500円:お湯の追加ができるので、2煎目、3煎目も楽しめます。最後は茶葉をお醤油と鰹節であえて、おひたしとしていただきます。
  • 夏摘み煎茶(冷茶可) 900円 :夏の暑い時期に収穫した茶葉を使用。
  • ほうじ茶(冷茶可) 900円 :口当たりがよく、苦すぎない中炒りのほうじ茶。
  • 和紅茶(冷茶可) 900円 :京都の和束産の茶葉を強発酵させた紅茶。すっきりした味わいで日本茶に近い味わい。
  • 抹茶ラテ(ホット/アイス) 850円:宇治ひかり(茶葉の品種)ベースの抹茶ミルクに、スチームミルク、きな粉、黒蜜をトッピング。
  • ほうじチャイ(ホット) 950円:ほうじ茶をベースにシナモン、ジャスミン、クローブなど10種類のスパイスをブレンド。

うつわと共にお茶を楽しむ

陶芸作品のギャラリースペースを併設されているだけあって、どのうつわもとってもステキ♪それも『wad omotenashi cafe』の魅力です。

あたたかいお茶は急須で運ばれてきます。そしてお茶請けの3種盛り(スイートトマト、パイナップルのドライフルーツとアーモンド)付き。お湯の追加ができるので、2煎目、3煎目と少しずつ変化していく日本茶の風味を楽しみましょう。

温かいお茶

2煎目以降もおいしく飲むポイントは、急須にお湯が残らないように最後の一滴まで注ぐこと。

「お湯を入れますので声をかけてくださいね」と最初に言われましたが、細やかな気配りしてくださる店員さんばかりで、毎回とてもいいタイミングで「お湯いれましょうか?」って聞いてくださいました。

つめたいお茶は丸い氷が入ったうつわに注いでいただきます。

つめたいお茶

細かくした茶葉で濃いめにいれたお茶。それを氷でしっかり冷やして、ガラスのポットで出されます。見た目の清涼感もあるので暑い季節にぴったり。

お茶でこのお値段はちょっと高いな・・・と思っていましたが、香りも風味も豊かな日本茶は本当においしい♪量も4、5杯分はあるので、お値段以上だと思います!

日本茶にあうスイーツもおすすめ

スイーツメニュー

こんがり焼けた小ぶりなおもちが入った「丹波黒豆入りぜんざい」には、あずきだけではなく、ほっくりした黒豆も入っています。添えられた玄米をふりかけると香ばしさが加わってさらにおいしい!

ぜんざい

やきもち(のりしょうゆ/砂糖しょうゆ)は、ちょっと大きめのひとくちサイズのおもちが4つ。食べごたえありです!

やきもち

人気のかき氷は年中楽しめます

『wad omotenashi cafe』の人気メニュー「氷盛り(かき氷)」は季節を問わず、一年中食べられます。和紅茶、黒蜜、ほうじ茶、宇治、白蜜の5種類から選べて、金時(あんこ)とミルク(練乳)を追加することも!

かき氷

写真は金時とミルクを追加したほうじ茶の氷盛り。ふわっと雪みたいな氷に、自分で蜜をかけるスタイル。氷が溶けてしまわないように少しずつ少しずつかけていただきます。こちらの蜜は、なんとおかわりOK!最後まで濃厚な味のままなのは嬉しいですね♪

『wad omotenashi cafe』のお店情報

お店の外観
店名wad
住所〒542-0081 大阪府大阪市中央区南船場4丁目9−3 東新ビル 2F
電話番号06-4708-3616
アクセス心斎橋駅から北へ徒歩7分
営業時間月~金 12時00分~19時00分
土・日 10時00分~19時00分
定休日なし
予算~1000円
クレジットカード不可
公式HPhttp://wad-cafe.com/

満席の場合は、名前と電話番号を書いて待ちます。お席の準備ができた頃に電話がかかってくるので、待ち時間はお店を離れてもOKです。並んで待たなくていいから嬉しい!

まとめ

『wad omotenashi cafe』は、季節を感じながらお茶とうつわを楽しめるカフェ。店員さんの感じも良く、優しいおもてなしの雰囲気がお店の中にあふれています。

実はあんまりよく知らない“茶道”や“日本茶”。そんなあなたも、きっと気負わずにゆっくりとした時間を過ごすことができますよ。

大阪の真ん中で、喧騒を忘れて心落ち着く時間を過ごしてみてください♪

The following two tabs change content below.

kurage

ジモハック大阪ライターのkurageです。趣味はカフェ巡りと写真撮影♪ゆるりと大阪の魅力をお伝えしていきます!
  • コメント: 0

関連記事

  1. アジアンバルフロッグス

    【梅田】「アジアンバルフロッグス」でエスニック料理を堪能。ランチタイムはパクチー食べ放題!

  2. 自分の限界に挑戦できる?!噂の出世サワー「大衆肴 天ぷら娯楽」

  3. 梅田 お寿司

    東梅田周辺で美味しいお寿司屋さんはどこ?人気の5店舗をご紹介!

  4. 銀乃皿 レビュー

    【今里】隠れ家的な人気居酒屋「銀乃皿(ぎんのさら)」のレビュー

  5. 難波 焼肉

    【絶品&満腹!】なんば周辺で美味しいと評判の焼肉屋5店舗をご紹介!

  6. 福島エリア カレー

    大阪の福島区で絶品カレーが食べられるお店!厳選6店舗ご紹介!

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

テイクアウト・デリバリーに関する応募フォームはこちら